ライトゲームライフ

ソルトウォーターでのライトゲームを中心に活動しています。ライトゲームライフを満喫中です。

コラム

竿先にまで注意を払おう。ソリッドティップとチューブラティップの違い

投稿日:

釣り人

ライトゲームで使うロッドには、竿先にソリッド素材を使用したソリッドティップのモデルと、チューブラ素材を使用したチューブラティップのモデルがあります。今回は、ソリッドティップとチューブラティップの違いについて、紹介したいと思います。

たかが竿先、されど竿先

ライトゲームで使用するロッドは、7フィート台のモノがメインです。ですから、約2.1mから約2.4mになります。その中で、竿先と呼ばれる部分は、約30cm程度です。ロッド全体の長さから見ても、占めている割合は大きくありません。それでも、竿先に気を遣うのは、ロッドの感度に直結するからです。

ラインから伝わる魚のアタリは、竿先からロッド全体に伝わります。ロッドの部分で魚のアタリが鈍るようなことがあれば、当然、手元に伝わるアタリも小さいものになります。

ロッドから伝わる感覚は、魚のアタリだけではありません。ルアーが障害物にコンタクトした感覚も、キチンと感じ取れなければ、当然、根掛かりが増えて、ルアーをロストすることが増えてしまいます。

また竿先の微妙な曲がり具合は、魚がルアーを咥え込む際に影響を与えます。よくロッドが魚のアタリを弾くと表現されるのも、この咥え込みに影響を与えているからです。

このように、ロッド全体でみると、ほんの30cm程度のティップが、釣果などに大きな影響を与えるのです。

ソリッドティップの特徴

通常、カーボンロッドは、カーボン素材でできているカーボンシートを筒状に加工して作られています。そのため、竿全体がチューブ状になっています。しかし、ソリッドティップのロッドは、ティップの部分だけ、チューブ状になっていない中身の詰まったソリッドの素材を使用しています。

ソリッドティップは、チューブラティップと比べると、柔らかい竿先になっています。そのため、魚がルアーを咥え込む時に、しなやかに曲がってしっかりと食わせてくれます。バイトがあった時も、自然に曲がって、オートマチックにフッキングできることが多いです。そのため、初心者向けのロッドであると言えます。

ティップの部分が、柔らかく曲がるので、キャスティングの時に少しタメを作って投げてやる必要があります。しっかり竿先をしならせて投げる必要があるので、手首を返してピュッと音を立てて投げるような投げ方では、飛距離が出ません。

感度は、チューブラティップには劣りますが、竿先の曲がりで、潮の流れの変化などを感じ取れるので、チューブラティップでは取れないアタリを取ることができます。アジングの場合、テンションが抜けるような抜けアタリは、ソリッドティップのロッドの方が取りやすいのではないでしょうか。

チューブラティップの特徴

チューブラティップの特徴は、ロッド全体がチューブ状の仕上がりになっていると言うことです。ソリッドティップのロッドに比べると、竿先の部分の曲がりが少ないのが特徴です。

一般的には、ソリッドティップのロッドに比べて、チューブラティップのロッドの方が感度が良いと言われています。魚から伝わるアタリや、ルアーが障害物に触れた時の感触は、チューブラティップのロッドの方が、ハッキリとわかります。しかし、アジングの抜けアタリのような、テンションが抜けるようなアタリは、ソリッドティップのロッドの方がわかりやすいでしょう。

ソリッドティップのロッドに比べて竿先が硬いので、パワーゲームを好む人には向いています。魚が根に潜ろうとしたり、海藻に逃げ込んだりするのを、強引に引き抜くことができるのも、チューブラティップのロッドの特徴であると言えます。

キャスティングの飛距離も、ソリッドティップのロッドに比べて優れているモノが多いです。垂らしを長めにとって、ロッドの反発力を生かして投げれば、軽量のジグヘッドでも、しっかりと飛ばすことができます。

細かいアタリをしっかりとキャッチして、自分から積極的に掛けにいく釣りをしたい人は、チューブラティップのロッドの方が向いているでしょう。

感度に関して

感度については、一般的には、チューブラティップのロッドの方が優れていると言われています。しかし、感度はティップの素材だけでなく、ガイドなど他の要素にも左右されるため、一概には言いにくい部分があります。

ちなみに、チューブラティップのロッドを、ソリッドティップのロッドにカスタイマイズしてくれるお店もあります。高感度のブランクスを採用しているチューブラティップのロッドをカスタマイズすると、高感度で食い込みが良い良いとこ取りのロッドができるかもしれません。

スポンサーリンク

広告




広告




                       

-コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

釣り人

初心者必見!失敗しない釣りの始め方

もう少しで、ゴールデンウイークがやってきます。そして、その後は夏休み。釣りを始めるには、最高のシーズンです。しかし、初めての人が釣りを始めるには、なかなか高いハードルがあるようです。そこで、今回は、失 …

ナマズ

人気急上昇中。ナマズゲームの魅力について

もう少しすると、ジメジメした梅雨の季節がやってきます。その頃になるとナマズゲームが幕を開けます。今回は、ソルトウォーターのライトゲームから離れて、今、人気急上昇中のナマズゲームについて紹介したいと思い …

ウェーダー

陸っぱりだけじゃない!色々な釣りの楽しみ方

一番手軽に釣りを楽しむのは、岸から釣る陸っぱりです。しかし、釣り人気の上昇とともに、魚が減少したり、スレたりして、陸っぱりではなかなか釣れないと言う現象も起こっています。そこで今回は、陸っぱり以外の釣 …

3つ

釣れない日々からの脱却。釣れるようになるために3つの提言

魚が釣れるのは、運次第。そんな風に考えている人は、意外と多いのではないでしょうか。kojikojiも、ブラックバス釣りで釣れない日々を送っていた頃には、そう思っていました。しかし、最近では、釣れる人と …

ルアー

ルアー釣りは釣れない?エサ釣りの方が釣れる?そんな疑問にお答えします

ルアー釣りをしていると言うと、必ず聞かれるのが、本当に釣れるのかということです。エサ釣りの方が釣れるでしょうと言う言葉は、耳にタコができるほど聞いています。今回は、そんなルアー釣りの質問にkojiko …


名前:釣り人kojikoji
性別:男
年齢:46歳
シマノとアングラーズリパブリックをこよなく愛する週末アングラーです。
現在は、ライトゲームにハマっていて、一年中、メバルとアジを追いかけています。
現在の悩みは、年間釣行日数が少ない事です。
山口県下関市出身で、神奈川県横浜市在住です。